フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 淀川河川敷 | メイン | これぞ幸せ »

2012年2月 5日 (日)

悪魔は突如やってきた

今から貼り付ける画像は1月14日のモノです。

まぁ~この時は幸せな週末って感じでしたね・・・

後で書きますがcrying

Img_41790001

Img_41860001

Img_41910001

↑この生き物は何でしょうsign02 (怖いでしょ^^)

ご想像にお任せしますsmile

Img_41960001

Img_41980001

Img_42050001

Img_42070001

Img_42090001

Img_42180001

Img_42220001

実はですね・・・

1月26日からアリエスは居ません。

26日の朝の散歩でアリエスが歩かないsad とママちゃんから電話があり

どんな具合かを詳しく教えてもらった。

すぐに横向きに寝っ転がる・・・(お腹が張るから)

夜中に吐いてる・・・

すでにこの時にはグッタリしていたようで、考えるだけでカワイそうになるweep

症状聞いただけでピーンflairときたんですが何せ朝の6時半・・・

一刻を争う病気なのは百も承知してたので近所の主治医に電話した。

すると検査が出来る大きい病院を紹介してくれた。

紹介してもらった病院は朝の9時からsweat01 

それまでに色んな病院を調べた結果、救急で診療してもらっても内科処置しか出来ないらしいsweat02

その間、時間は無情にも過ぎてゆく・・・

結局9時になるのを待つしかなかったのです。

私は仕事中だし、ママちゃんは一人で、さぞ辛かったでしょう。

9時前に病院に電話したところ、

なんと車で迎えに来てくれたらしいsign03 (北辰は爺ちゃんに預けて)

アリエスはグッタリ横たわっているまま・・・

血液検査、レントゲンと事は進み手術と思いきやsweat01

時間は昼前・・・

ママちゃんから電話がなり、先生の話では・・・ 

切らなくてもイイ場合もあるので、もっと大きい病院へ行ってCT、MRIなどの検査をしたほうがいいと言われたのこと。

その病院の車で次の病院まで送ってもらったと電話で言うのです。。。

その間アリエスはグッタリ。

手術まだなんやsweat02

次にママちゃんから電話をもらったのは、昼の1時過ぎ。

検査は済んで今から手術するので、全身麻酔の許可にサインしたと半ベソの声だweep

大変弱っているので麻酔、手術に耐えれるか保証できませんとのこと。

この時点で会社を早退し、病院へ走り出しましたcardash

アリエスを思うと、胸が痛くて痛くてthunder気休めに音楽、ラジオの音を鳴らしても全く頭に入ってず、不安は増すばかりだった。

病院へ着きママちゃんから話を聞くと、病名は腸捻転。

やっぱりdown

日頃から注意していた病気だった。

朝に発症して夕方までは保たないと言われている、死亡率70%以上の病気。

病院の待合室では、私たち2人、重い空気をかもし出していた。

長い長い待ち時間の後、

手術開始から3時間後に、横たわった昏睡状態のアリエスと再会した。

先生の話では、半分とちょっとの壊死した腸を切ったと説明をうけ、

真っ黒のパンパンに膨らんだ腸の画像も見せてくれた。

臓器に血が通ってなかったせいで、心臓は小さくなり肝臓などは白っぽくなっていたと言う。

アリエスが可哀想でまた胸が痛くなった。

二三日は危険な状態が続くとか・・・

回復しても残った腸で栄養を吸収しきれずに下痢で流れてしまうかも・・・

先生からイイ話は一つもないまま、その日は肩を落として家に帰った。

家に帰ってパソコンでイロイロ調べるも、不安ばかりが広がる。

アリエスが危険な状態になったら、家の電話かママちゃんの携帯に鳴ると聞かされていたので、鳴らないことだけを祈り眠りについた。

翌朝、仕事中にママちゃんから電話がなり、一瞬(;゚〇゚)ハッとした。

病院に電話したとのこと。

相変わらず横たわっているが、前を横切ると頭を上げて見てくるとか・・・

意識もはっきりしているらしく、電話越しのママちゃんの声も元気だった。

仕事中もアリエスの事が心配で、胸が痛くて切ないのなんの。

帰宅後、晩の7時に面会と先生の話を聞きにいった。

酸素室の中、お座りをしたアリエスの姿があったが息は荒く、目に力がなかった。

弱ってるアリエスなんか見たくないcrying

先生の話では血液検査の結果が悪く、

血小板、白血球、赤血球などが少なく、貧血がヒドいとか・・・

もちろんこの日もイイ話はなくヘコんで帰ったのを覚えている。

術後は点滴だけなので、面会に行くたびに、見る見る痩せていった。

ココまで読んでどうですか?

書いてて正直辛いです。

辛いですが、記録として書いていきます。

四日目あたりから一日4回に分けてフードを食べ始めた。

食欲は有るらしく、それでもやっぱりウンコは下痢なんです。

下痢で腸が栄養素を吸収できてないという問題。

この点がアリエスの今後の重要な課題で、正常なウンコが出るようなフード、

腸に滞在する時間が長いフードなどを食べさせて栄養を吸収していかないと、

このままでは痩せていく一方です。

今現在ですが、血液検査では回復していってるようなのですが、

ウンコは形がちょっとあったり下痢だったりの繰りかえしのようで、まだまだ栄養吸収に難アリのようです。

あと数日で退院し、通院という形になることでしょう。

まだまだ問題を抱えてますが、アリエスの為に出来ることはしてあげたいと思う飼い主であります。

ここまで書いてきましたが、面白くない文章に飽きてきたのでソロソロ書くのを止めようと思います。(眠たくなってきた)

治療費、入院費もろもろ、◯0万円になりそうです。(◯の中身はsweat02

こんなオチでいいですか・・・

アリエスの見た目は元気です。(ガリガリですが・・・)

病院受付のお姉さん3人と看護師のお姉さん数人のアイドル犬になってるようで、いたく可愛がられてるようですwink

イイ病院が近くにあってよかったと、つくづく思います。(感謝ですcrying

早くアリエスを抱きしめたい・・・

また帰ってきたらブログを書きますので、

それまで さようなら~(ToT)/~~~

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348057/27887739

悪魔は突如やってきたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿